10月の台湾旅行2泊3日の服装は&費用は?あると便利なものは?

旅行
スポンサーリンク

高校の同級生4人で10月に台湾旅行を計画中。日程は10月の初旬。4人は住んでいるところもバラバラなのでLINEであーでもないこーでもないと準備中です。

 

10月の台湾は雨季ギリギリセーフのシーズンのようで、それでも日中はなんだか暑そう。日本の残暑のような感じと思っていて良さそうです。

 

さて、海外旅行経験多いやつも少ないやつもごちゃ混ぜでの台湾旅行。子育ても終わって、家族を離れて初めての海外旅行はどんなものになるのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

スポンサーリンク

ツアーか?個人旅行か?旅行経験値で価値観が違う!

 

4人の中でも私が一番海外旅行経験が多そうで、しかも私は個人旅行派。その他の子(?)達はツアーを考えていたようで、まずはこの辺から統一を図る必要が。

 

旅行の話が持ち上がってからすぐに、スマホのアプリで飛行機のチケットの値段を調べていたのに、2人がさっさと旅行会社に見積もりに行ってしまいました。も〜〜そんな時間のかかることなんでするの?と早くも雲行きがあやしい。

 

 

しかもなんかお高いし。

 

初めて行く国でツアーを選択するのは、安心だけど、食事もついていて観光もついていて、しかも高くて。

 

なんか窮屈です。

 

ツアーで旅行に行ったことがない私は早速反論。

 

結局は飛行機をスマホのアプリでLCCを予約。往復で3万円程で予約できました。

 

ホテルもネットで予約すると安い!2泊で1,5万円くらいで予約完了。

 

しかもそんなに悪くない!むしろ良いホテルです。

 

個人旅行の方が断然安いです。

 

それに自力で観光となると、それは熱心に下調べするし、道も覚えるし、旅行の達成感が全然違います。

 

個人で旅行するのが簡単になったのは、やっぱり携帯アプリのお陰ですよね。

 

台湾旅行の関連記事はこちら▼

 

Google mapに行きたいお店を次々と保存しておいてからそれぞれを線で結んで、1日目、2日目と回るコースを決めるといいですね。

 

ホテルもmapに保存しておくことをお忘れなく!

 

所持品は機内持ち込み用か預ける用かにざっくり分ける

機内に持ち込むもの

機内持ち込みの荷物は少なめで大丈夫です。台湾までは2時間そこそこ。あっという間についてしまうし、メイクを落としたりメイクをしたりする必要もないので、あくまでも少なめに。

 

ペン

私は台湾まで機内ではひとりぼっちなので、 ペンなどの筆記用具は必需品です。機内では入国カードの記入という大切なお仕事が待っているのでペンが無いと、当然書けません。CAさんが鉛筆を配ったりしてますが、これは持っておきましょうね。

 

パスポード&航空チケット

これがなかったら、そもそも搭乗できないので持ってますよね。当然です。でも、無くさないように気をつけましょう。

 

ガイドブック

現地に到着するまでの数時間で予習しておくのもいいかもですね。ガイドブックはキャリーバッグなどにしまいこんでしまうと結構不便。すぐに見られるところにある方が良いので、手荷物の中に入れておくことにしています。

 

携帯電話&モバイルバッテリー&レンタルwifi&PC類

これらは預けることができないので、手荷物の中です。税関を通るときはバッグの中から出してトレイに入れることも忘れずに。携帯電話も同じくです。パソコンやタブレットを持ち込む場合もトレイに入れて税関を通ってくださいね。

 

レンタルwifiは絶対に必要です。SIMカードを買ってどうのこうのが私には分からないので、CMで有名な某会社のwifiを借りて行くつもりです。ネットで予約したりすると割引もあったりして、お得ですよ。

 

現金(財布)&クレジットカードなど

これをキャリーの中に入れて預けちゃった!なんて人はうっかりさんとしか言いようがありません。貴重品はしっかりと身につけておきましょうね!!

 

預ける荷物

つまり持って行く荷物ですね。台湾旅行に必要な荷物リストとしてご覧ください。

 

化粧品類

女性の必需品ですよね。ジップロックなどに中身がわかるようにして入れておくと便利です。ブラシ類とかメイク道具、スポンジ類など意外とかさばるメイク道具はジップロックが一番。そのままバスルームに持ち込んでも濡れなくて済むし、乱暴に入れてもなんとなくまとまってくれるのでジップロックはオススメです。

 

パジャマ&下着&着替え

ホテルにナイトウエアの無いところって結構多いんですよね。前もって調べておくとか、問い合わせておく必要があるけど、例えばあったとしてもホテルについているガウン風のウエアが苦手って方は持っていきましょう。

 

下着や着替えを洋服屋さんでもらったちょっとおしゃれな袋に入れてキャリーに詰めている方多いですよね。私もそうです。そして洗濯物も洋服屋さんの袋に入れて持ち帰るって感じだったんですけど、今回は洗濯ネットに入れていこうと思ってます。

 

洗濯物をその洗濯ネットに入れて持ち帰って、そのまま洗濯機へ!100円ショップで大小のネットを準備していこうと思ってます!!

 

冷房対策用の薄てのカーディガン

10月の台湾は、日中はまだまだ暑いので建物内はきっと冷房が効いていると思うので、冷房対策用のカーディガンは必需品ですね。朝晩は日本の初秋のように涼しくなっているはずなので、その時にちょっと羽織るものが必要です。

 

薄てのカーディガンは日中の日差しを避けるためにも1枚は持っておくと便利なので持って行きます。

 

履きなれた靴

履きなれた靴に防水スプレーをして行くつもりです。突然の雨でも大丈夫なように!長靴なんか持っていけないし、多少は濡れるかもだけど防水スプレーしておけばちょっとは濡れるのもマシなのではという考えです。

靴下も余分に持っていこうかな。

 

折り畳み傘&かっぱ

雨季では無いとはいえ、天候だけは急変することもあるので、折り畳み傘は必需品でしょう。小さめのバッグに入れてもかさばらないものを選美ましょう。

九份などの込み入った場所では傘をさすことはできません。カッパが大活躍です。100円ショップで買えるもので十分なのでぜひ持って行きましょうね!

 

アメニティ類(シャンプー類、歯磨きセット)

ホテルにセットされている場合もありますが、普段から使い慣れたものを持って行った方が快適ですよね。

 

特にシャンプーやコンディショナーはホテルのを使ったがためにパッサパサなんてこともよくあることです。

髪型が決まらずに、1日不快に過ごすよりかは、普段使っているものでいつも通りのスタイリングができるようにしておきたいですよね。

 

歯ブラシもそうです。ホテルの歯ブラシは、なんとなく質感も質素な感じで使いづらい。普段から使い慣れているものを持って行く方が良いと思います。

必需品ではないけどあると便利なもの

 

水着

台湾の温泉は裸では入れません。水着着用が必須になるので、もしかして温泉に入ろう!ってなった時に現地で買うよりも持って行っておいたほうがいいですよね。

現地調達している時間が勿体無いので、ぜひ持って行きましょう。

 

サングラス&帽子

10月の台湾は日中、まだまだ暑いという話はすでにしましたが、日焼け止めと一緒に帽子や日傘、サングラスなど日頃、使っているのであれば持って行った方が良いかもです。私はあまり使わないので、持っていかないかな。日傘も観光には邪魔かもしれないので、どうしても日差しがキツイと感じたら雨用の傘を使おうかと思ってます。

 

ウエットティッシュ&除菌スプレー

屋台で、外で食事をする機会があるかもしれませんね。多分、多いと思います。そんな時にちょっと手を拭くものがあれば便利です。
除菌シートとか持って行こうかな。

 

洋服用の圧縮バッグ&エコバッグ

お土産を買って、キャリーに詰め込みたい時には、洋服や下着類を圧縮してしまってスペースを作ることができますよね。別になくてもいいけど、あれば便利な時もあるかも。

入りきらないお土産はエコバッグを持って行っておけば便利ですよね。買い物中もエコバッグは活躍しそう。必需品の中に入れてもいいくらいです。

持っていかないもの

ドライヤーやヘアアイロンは持っていかないようにします。ホテルにあるし、故障がちょっと心配。台湾のコンセントの形は日本と同じ2穴なのでアダプターは必要ないと思いますが、一応持って行きます。

 

電圧も日本と近いので変圧器も必要ないってガイドブックには書いてありますが、これも持って行きます。携帯電話を充電するときなど、万が一の故障は困るので。

 

しかもレンタルwifiを故障させてしまうと大変ですもんね!

 

まとめ

とりあえず持ち物としてはこんな感じかな〜と思っています。あまり多すぎないことも大事だけど、不足して現地で買い足すことのないようにしたいというのが私の持論です。

 

忘れ物をして現地調達って意外と一緒に行っている人に迷惑をかけるもの何ですよね。お土産を買う時間とは違います。

 

両替は当日に空港でするのもいいけど、それは友達と相談しておくほうがいいかも。レートを調べておくことは必須です。

 

特に台湾などの現金払いが多いところでは、レート大切ですよね。現金は2泊3日で3万円ほどを予定しています。

 

食事は全て高級レストランで!ということでない限り、これくらいの金額で十分です。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

旅行
スポンサーリンク
ponchoをフォローする
M's happy life
タイトルとURLをコピーしました