暑さに強い犬が欲しい!日本の暑い夏に耐えられる犬種って?

ペット

毎年猛暑記録を更新している日本の夏。

人間にとっても耐えられない暑さですが、小さな犬だったらもっと辛いのでは?
なんて思ってしまいますよね。

犬は飼いたいけど、この暑い日本の夏の間、ずっと犬の心配をしているのも辛いです。

暑さに強い犬っているんでしょうか?

この記事を読んでわかること
☑日本の夏に強い犬種って何?
☑毛の長い犬と短い犬ではどちらが暑さに強い?
☑夏生まれの犬は冬生まれの犬より暑さに強い?
今回は日本の酷暑に強い犬についてお伝えします。
スポンサーリンク

日本の夏に強い犬種って何?

結論から言うと、夏の暑さに強い犬はいません。

基本、暑さにはめっぽう弱いのがワンちゃんです。
特に小型犬となると、人間以上に温度調節には気を使わなくてはなりません。
室内で飼う場合は、エアコンのない環境での飼育はできません。

日本の気候に慣れているのは柴犬です。

柴犬は弥生時代から日本で育成されてきたとされる犬種です。
そう言う意味では、日本での生活に最も適した小型犬であると言えるでしょう。
しかも病気に強いので、育てやすい犬種です。

ただし、ペットショップなどでよくいる芝犬は乱繁殖の可能性が高く、忍耐力がありません。
性格も神経質だったり、皮膚疾患や心臓疾患を持っている場合もあります。
芝犬は信頼できるブリーダーから購入することをオススメします。

ただし、芝犬はダブルコートの犬です。

寒さには強いですが、暑い気候は苦手です。

最近の日本の夏の気候は猛暑で、比較的に日本の気候に順応している芝犬でも、室内で空調を管理しつつ飼育することが大切です。

ダブルコートとシングルコートとは?
☑ダブルコートとは体の表面の被毛(オーバーコート)の下に、短い毛(アンダーコート)が生えていている犬の被毛構造を言います。
ダブルコートの犬種として代表的なものには、芝犬、ダックスフント、チワワ、ポメラニアン、ゴールデンレトリバーなどです。

☑シングルコートとはアンダーコートがない被毛構造のことを言います。
シングルコートの犬種として代表的なものには、プードル、ヨークシャテリア、マルチーズ、フレンチブルドッグ などです。

短頭種は体温調節が苦手

さらに小型犬の中でも「短頭種」と呼ばれるブルドッグやフレンチ・ブルドッグ、パグ、シー・ズーなどのペチャ鼻の犬は、気道が短く鼻孔が小さいので、犬がよくする「はぁはぁ」と言ったパンティング(あえぎ呼吸)と呼ばれる呼吸法で体温調整つをすることが苦手なのです。

可愛らしい表情で人気のフレンチブルドッグなどの短頭種ですが、鼻がぐっと押しつぶされている状態で、呼吸することに関しては非常に不利な顔立ちになっています。

そのため、これらの犬種は暑くなると他の犬種よりも早くパンティングを始めます。

フレンチブルドッグが「ブリブリ」と大きな音を立てて息を荒くしているのを聞いたことがある人も多いと思います。

荒い呼吸をしていることでさらにエネルギーを消費して、体温が上がってしまうのも短頭種の特徴です。

体格の良い犬と華奢な犬ではどちらが暑さに強い?

大きな犬と小さな犬とでは、どちらが暑さに強いのでしょうか。

「ベルクマンの法則」で考えると、寒冷な地域に生活している犬ほど体重が大きいことになります。

つまり、大型犬の方が寒さに強く、暑さに強いと言うことになるのでしょうか。

なるほど、体の表面積が大きいと、太陽の光を受ける面積も多くなると言う理屈では理解できるような気がしますよね。

体重が重いセントバーナードやシベリアンハスキーなどは暑さに弱いです。

だからと言って、小型犬が暑さに強いとはとても思えません。

体が小さい分、地面との距離も短く、夏の熱いアスファルトを歩くと熱の影響がダイレクトにありそうです。

暑さに強い外国の犬としては、グレーハウンド、ドーベルマン、ワイマラナー、ダルメシアンなどが挙げられますが、どれもスマートです。

つまり、太っている犬よりも痩せている犬の方が比較的暑さには強いと言えますね。 

夏生まれの犬は冬生まれの犬より暑さに強い?

犬種によっても、原産地によっても日本の夏の暑さに強いと言い切れる犬は存在しません。

個体差によって、多少は暑さに強い弱いがあるのであれば、夏生まれの犬は冬生まれの犬よりも夏に強いのでしょうか?

答えとしては、生まれた季節は関係ありません。

実は昔は、夏生まれの犬よりも冬生まれの犬の方が丈夫と言われていたのです。

野生の犬だと、寒さの厳しい冬に生まれると食料も乏しく、そのような厳しい環境で育つことから冬生まれの犬は丈夫だと考えられていたのです。

また、冬に生まれた犬はアンダーコートがしっかりとしていて、寒さに強いと言う理由もあります。

まとめ

結局は、日本の夏に強い犬は存在しないと言うことに落ち着きました。

ひと昔前の日本の夏とは比べ物にならないくらいに厳しい暑さで、毎年熱中症患者が多数出てしまうことから、人間と同じように犬にも夏は危険な季節と言えます。

これから犬を飼うのであれば、獣医やブリーダーさんにしっかりと相談して、少しでも長生きできるような環境を整えてあげることが大事ですね。

夏のエアコンつけっぱなし状態は回避できませんし、水分補給や夏バテ対策も怠ることはできません。

仕事の都合で、家を空けがちであれば、犬の飼育は諦めなくてはならないでしょう。

小さな命ですが、大切な命だと言うことを忘れないように犬を飼いたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました