ダイエットに緑茶コーヒーは効果ある?食前食後どちら?副作用は?

ダイエット
スポンサーリンク

運動しないで食べるだけ、飲むだけで痩せるダイエットって女性の永遠の欲望ですよね。

 

サプリメントやスーパーフードなどさまざまなダイエット食品が登場していますが、今一番新しいのが緑茶ダイエットです。

 

名前を聞いただけでも「それってどうなん?」って感じですけど、実は緑茶とコーヒーってダイエットには最強の2大飲料なんですよ!

 

さて、その効果のある飲み方とはどんなものなのか調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

スポンサーリンク

効果のある緑茶コーヒーは食前食後どちらで飲む?

緑茶もコーヒーも食後に飲むって思ってませんか?

 

ダイエットしたいなら、ズバリ!緑茶コーヒーは食前飲みましょう。

 

食前に飲んでおくことで糖の吸収を緩やかにしてくれるんです。

 

なんて良い飲み物なんでしょうか。

 

二つを掛け合わすことで、コーヒーのカフェインと緑茶のカテキンがバランスよく体内に取り入れられて食後の血糖値が急上昇することを防いでくれます。

 

まさに、飲むだけ!ダイエットですね。

 

緑茶コーヒーってどうやって作るの?

作り方は簡単です。

 

緑茶1:コーヒー1です。

 

緑茶とコーヒー1:1を大きめのマグカップ(250〜300ml)に入れて、毎回の食事の直前に飲みましょう。

 

おやつの習慣がある人なら、おやつの前にも飲むといいですよ。

 

お砂糖やミルクは入れずにブラックで飲むことをお勧めします。

 

緑茶とコーヒーはペットボトルのものでもいいので、お出かけ先や職場でも続けられそうですね。

 

 

スポンサードリンク

なぜ緑茶とコーヒーがダイエットに効果があるの?

 

何気なく飲んでいる緑茶とコーヒーにはダイエットに有効な成分が含まれています。

 

緑茶

テアニン 緑茶にはアミノ酸が含まれていますが、その半分以上がテアニンです。

お茶を飲むとリラックスする感じはこのテアニンの効果。さらにカフェインを取った時の食欲が増進するのを抑制する働きもします。

テアニンはカフェインと混ざると味をやわらかくする効果もあります。
 

カテキン カテキン効果で一番大きなものは抗酸化作用です。
活性酸素が人体に悪い影響を与えるのを防ぎます。
さらに糖の吸収を抑える効果もあります。
脂肪を燃焼したり、便通を整えたりといいことずくめですね。

 

コーヒー

カフェイン リパーゼという脂肪消化酵素を活性化させる働きがあります。

また、カフェインは褐色脂肪細胞を活性化させる働きもあります。

褐色脂肪細胞は熱を産生して、体温を維持し、余分な栄養を熱に変えてくれます。

つまりカロリーを消費しやすい体質にしてくれるわけですね。
    クロロゲン酸 実はコーヒーの中にカフェインよりも多く含まれているのがクロロゲン酸です。

ダイエット効果、アンチエイジング効果、糖尿病予防効果があることで注目されています。

糖質の吸収を緩やかにし、脂肪の溜め込みを防ぐ作用があります。

 

緑茶にもコーヒーにもダイエットに嬉しい効果が期待できる成分がたっぷり。

 

この2つを掛け合わせることでさらに最強のダイエットドリンクとなるわけです。

 

どのくらいで効果が出るの?

4日間続けてみてださい。

 

個人差はありますが、むくみが取れて脂肪が燃焼し始めるので体重が落ち始めますよ。

 

4日で効果が見えてきたらやる気も起きますよね!

 

何をやってもダメだった〜というあなた!!

 

紅茶コーヒーなら、今年こそ理想のボディが手に入るかもしれません!

 

緑茶コーヒーを夜飲むと眠れなくなる?

 

カフェインというと眠気防止に効果があるので、夕食前に飲むと眠れなくなるかも?と心配なあなた。

 

確かに、緑茶とコーヒーとでダブルでカフェインを摂取してしまいますもんね。

 

カフェインは摂取した後、4時間ほどで体外に排出されるといいます。

 

なので、夕食の時間を早めて継続できるようにしましょう。

 

カフェインの摂りすぎのよる副作用ってある?

毎食前に緑茶コーヒーを飲むとダイエットに効果があることはわかったとして、カフェインの摂りすぎって体に悪そうですよね。

 

コーヒーや緑茶を飲みすぎによる副作用があるとしたら気になりませんか?

 

カフェインを摂りすぎると、血中濃度が急激に上がって不眠や吐き気、震え、心拍数の増加なとを招くことがあります。

 

精神面でも落ち着きがなくなったり、じっとしていられないような感覚に陥ります。

 

座っていたり寝転んでいるとそのまま意識が遠のくような感じがして、非常に気持ちの悪いものです。

 

カフェイン含有量はコーヒーと緑茶では違うの?

 

原料の時では、コーヒーの種類によっても異なりますが、カフェイン含有量が1~2%です。
一方、茶葉のカフェイン、こちらも茶葉によって異なりますが、その含有量は2.5~5.5%。

このように、原料ではカフェイン含有量は、コーヒーより茶葉の方が多いという結果になります。

ところが、コーヒー豆をミルで挽いいてドリップで淹れると、コーヒー150mlあたりのカフェイン量は60~180mg。

緑茶(煎茶)150ml当たりのカフェイン含有量は26~30mg、紅茶150ml当たりのカフェイン含有量は28~44mgとなります。

抽出された後のカフェイン量では、コーヒーが一番多く、ついで緑茶、紅茶の順になります。

原料段階とは逆になるわけですね。

 

1日あたりのカフェイン摂取量の限界は?

日本では摂取量の目安を設けていませんが、カナダでは保健省によって、健康な成人で1日400ミリグラム以下が良いと設定されています。。

 

つまり1日の摂取量の目安は150mlのコーヒーカップで4杯半ということになります。

 

 

複数で食事をするのに一人で緑茶コーヒーは飲みづらい?

 

一人で食事をするのなら食前に一人で緑茶コーヒーを飲めばいいですよね。

 

でも、友達や家族、会社の食事会なんかの時はついスキップしてしまいがちですよね。

 

そんな時には小さな保温の効くボトルに緑茶コーヒーを作っておきましょう。

 

~~~*~~~*~~~*~~~*

市販の緑茶コーヒーもありますよ!ダイエット頑張ろうと思ったら箱買いがお得です↓

〔送料無料〕アサヒ WONDA ワンダ TEA COFFEE カフェラテ×抹茶 微糖 525ml ペットボトル 24本入

~~~*~~~*~~~*~~~*

 

食事をする前にタイミングを見てササッと飲んでおけば、飲み逃すこともないですよ。

 

効果が現れると言われる4日間は頑張って飲み続けましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

運動も食事制限も必要ないので、長続きできそうな緑茶コーヒーダイエット。

 

コーヒーが苦手であれば、緑茶を多めにしても大丈夫ですよ。

 

自分に無理のないように長く続けるように工夫しましょう。

 

生姜を入れたり、薄切りのりんごを浮かべたりしてアレンジすれば飽きることもありません。

 

もともとコーヒーが大好き!という方には、嬉しいダイエット法ですよね!

 

ぜひ、冬の間にスッキリダイエットして、今年の春夏は思いっきりファッションを楽しんでくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
ダイエット
スポンサーリンク
ponchoをフォローする
M's happy life
タイトルとURLをコピーしました