Snow Manは平均年齢25歳!10代のラウールを加入させる理由とは?

ジャニーズ
スポンサーリンク

Snow Manに限らず、ジャニーズのグループって時々、グンと歳の離れたメンバーを加入させるよね?あれはなんで?どんな効果があるの?

1つのグループを形成するときに、年齢層は大切な要素になります。素人だったら、同年代同士を結びつけてグループを結成した方が何かとまとまりが良くなるように考えます。

でも、ジャニーズは歳の離れた最年少メンバーが存在するグループが目立ちます。あれは何故なんでしょうか?そして、どんな効果が考えられるのでしょうか。

検証します!

この記事を読むとわかること

10代メンバー加入でグループ力の底上げ効果を図る
新グループ登場時に対応!気持ちで負けない
もちろん幅広ファンの獲得

スポンサーリンク

10代メンバー加入でグループ内の統率を図る

20代はもちろん若いのですが、アイドル界ではちょっとお兄さん組となります。ジャニーズはキスマイ以降、20歳オーバーでのデビューが目立ちます。

そんな中、必ず10代メンバーに白羽の矢が刺さるのですが、今回Snow Manではラウールがその存在となります。

もはやラウールなしのSnow Manは考えられませんが、ここでちょっと10代のラウール抜きのグループを考えてみましょう。

ラウールがいないことのデメリット
●グループ内にマスコット的存在がいなくなる
●話題の中心がなくなる
●同年代ばかり集まってギスギスする

こんなもんでしょうか。

年下が加入することで、少しでも年齢が上のメンバーたちは、気持ちが引き締まります。

「面倒みなくちゃ」
「若い子がいるのにしっかりしないと!」

などの気持ちが現れて当然です。

つまり、新メンバー加入で9人という大所帯になったSnow Manは、ある意味10代という若いメンバーを引き込むことで、統率が取れていると考えられます。

エスコートキッズ!つまりフェアプレイの象徴

純粋な10代の少年はお兄さんメンバーにとってエスコートキッズ的存在となります。

エスコートキッズとは?

サッカーやテニスなどの国際試合で、選手がスタジアムやコートに入場する際、手を繋いで一緒に歩いている子どもたちのこと。彼らはフェアプレイの象徴とされており、「子ども目の前なんだぞ!フェアプレイしろよ!」という押さえを効かせるための存在なんです。

つまり、ラウールはSnow  Manのエスコートキッズということですね。10代メンバーの前で恥ずかしいことはできないよう、気を引き締めましょう!という効果を期待しているのでは?と思います。

話題の中心になる人物がいた方がまとまる!

夫婦がその関係がマンネリ化しても、子どもの話題がある限り会話を持ち続けるように、グループ内も同じようなことが起きるのではないでしょうか。

ラウールというマスコット的存在がいれば、話題の中心になります。

10代の男の子の言動は非常にユニークで、しかもトレンドに敏感な年頃なので、新しい話題もグループ内に運び込んでくれます。

メンバーは常に、ラウールの言動に注目し、笑い、驚きます。若いメンバーとはそんな存在です。

また、Snow Manの場合、その大きな年齢差が非常に重要なポイントです。ラウールと深澤くん、佐久間くんとはザッとひと回り近い年齢差があります。

ラウールって「美少年」に加入してもおかしくない年齢なんですよね。それが、ひと回り近く歳の違うメンバーがいるSnow Manに加入したわけです。

お兄さんたちが可愛がらないわけがありませんよね。20才オーバーのメンバーでは、2〜3才の年齢差ってそんなに大きく差がないのですが、流石に10代となると物珍しさが加わります。

父性やら母性やらをくすぐられるのでしょう。

新グループの登場にも気持ちで負けないパワーの源

デビューしたらあとは後続のグループに負けないように、常に新しい話題性を求めて、動するのみです。そのためにも若いラウールのようなメンバーの存在が必要になります。

ジャニーズには現在、なにわ男子、美少年、HiHi JETSなど、明日にでもデビューしてもおかしくないグループが数組存在しています。

しかも、どれも若いグループです。

そんなグループがデビューするとなると、年長者は30才を迎えようとしているSnow Manのメンバーにとって、まだまだ若いラウールの存在は心強く感じるのではないでしょうか。

グループに若いイメージを植え付けているラウールがいることで、後から追い上げてくる若いグループに対して、気持ちで負けることがなく、フレッシュ感を維持することができるのです。

歌声のフレッシュ感が維持できるメリットは大きい!

Snow Manの歌声を聞いてもらうとわかるのですが、ラウール以外のメンバーの声は、すでに仕上がっている感があります。

歌唱力、表現力も完璧で、大人の魅力に溢れています。

でも、ラウールのソロが入るとたちまちフレッシュ感が溢れてきます。これは、グループにとってメリットでしょう。

歌声にメリ入りがつくし、なんと言っても若々しさがキープできています。

 

う〜〜ん、若いってパワーがあるんですね!Snow Manにラウールが加入したことは、大きな武器になっていると思います。

新メンバー加入で幅広ファンの獲得に成功

歴の長いSnow Manにとって、新メンバー加入はいろんな意味で晴天の霹靂だったかもしれませんが、結果的には成功したと言えます。

向井康二が引き連れてくる関西ファンや、ラウールの若いファン、目黒蓮の中堅総ファンなど、一気に幅広いファンがSnow Manに注目し始めたのです。

加入当初は色々とありましたが、今ではしっくりとメンバーに馴染んで、Snow Manは9人で一つと言う認識が定着してきましたよね!

そこにきて、セカンドシングルの発売となり、ますます活躍が楽しみです!今度は単独での発売となりますので、皆さんぜひ、お買い求めくださいね!

 

まとめ

ジャニーズにグループ内に、いろんな年齢のメンバーが存在いているのは、その方がバランスが良いからだと言うことがわかります。

特にSnow Manは10歳以上も年齢が離れていることで、お互いを補い合っている感が非常にいいですよね!

より魅力的なグループになったと思います。!これからも目が離せません!みんなで応援しましょう♪

ジャニーズ
スポンサーリンク
ponchoをフォローする
M's happy life
タイトルとURLをコピーしました